上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




標題:
エルの絵本【笛吹き男とパレード】
EL的繪本 [吹笛人與大遊行]

歌詞:
そのパレードは何処からやって来たのだろうか…
那遊行的隊伍究竟是來自何方呢…

嗚呼…そのパレードは何処までも続いてゆく…
啊啊…那遊行的隊伍將永遠持續下去…

「おぉ友よ!罪も無き囚人達よ、我らはこの世界という鎖から解き放たれた。
「喔 朋友們!無辜的囚犯們呦、我們將從這個世界的枷鎖中解放。

来る者は拒まないが、去る者は決して赦さない。黄昏の葬列…楽園パレードへようこそ!」
來者不拒、離者不赦。黃昏的送葬隊伍…歡迎加入樂園的大遊行吧!」

パレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して
那隊伍將不斷遊行下去 → 以世界的盡頭為目標

先頭で仮面の男が笛を吹く → 沈む夕陽に背を向けて
領隊的假面之男吹著笛子 → 背對著那西沉的夕陽

パレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して
那隊伍將不斷遊行下去 → 以世界的盡頭為目標

男の肩に座った少女が歌う → その笛の音に合わせて
坐在男人肩膀上的少女唱著歌 → 與那笛音混合在一起

心に深い傷を負った者にとって 抗えない魔性の音…
對於心中有著深深傷口的人來說 那不可抗拒的魔性之音…

「やぁ友よ!幸薄き隣人達よ、我らはこの世界という鎖から解き放たれた。
「呀 朋友們!與不幸為鄰的人們呦、我們將從這個世界的枷鎖中解放。

来る者は拒まないが、去る者は決して赦さない。仮初めの終焉…楽園パレードへようこそ!」
來者不拒、離者不赦。短暫人生的終焉…歡迎加入樂園的大遊行吧!」

パレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して
那隊伍將不斷遊行下去 → 以世界的盡頭為目標

燃えるような紅い髪の女が踊る → 沈む夕陽を背に受けて
有著一頭彷彿燃燒般的赤髮女人跳躍著 → 背對著那西沉的夕陽

パレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して
那隊伍將不斷遊行下去 → 以世界的盡頭為目標

《気味が悪い》(グロい)首吊り道化師の刺青が笑う → あの笛の音に合わせて
上吊小丑之刺青的詭異笑聲 → 與那笛音混合在一起

心に深い闇を飼った者にとって 逆らえない魔性の音…
對於心中飼育著深深暗的人來說 那不可抗拒的魔性之音…

笛の音に誘われ 一人また一人列に並んでゆく
被笛音所誘惑 一人又一人進入隊伍的行列

やがてそのパレードは 夕陽を遮って地平線を埋め尽くす…
不久那樣的大遊行 進行至夕陽埋葬於地平線盡頭…

喩えば箱舟を信じた少女…
好比那信仰著方舟的少女…

喩えば歪んだ真珠の乙女…
好比那扭曲了珍珠的女性…

喩えば収穫を誤った娘…
好比那收穫時犯錯的女孩…

喩えば妹を犠牲にされた姉…
好比那妹妹被犧牲的姐姐…

喩えば星屑に踊らされた女…
好比那與群星共舞的女人…

誰も仮面の男ABYSSからは逃げられない…
誰都沒有辦法逃過假面之男ABYSS…

「ごきげんよう、可哀相なお嬢さん。楽園パレードへようこそ!」
「一路順風啊、可憐的女孩們。歡迎加入樂園的大遊行吧!」

笛の音を操って 一人また一人列に加えてゆく
被笛音所操縱 一人又一人加入隊伍的行列

やがてそのパレードは 夕陽を裏切って地平線を灼き尽くす……
不久那樣的大遊行 背叛了灼燒地平線盡頭的夕陽……

嗚呼…そのパレードは何処までも続いてゆく…
啊啊…那遊行的隊伍將永遠持續下去…

そのパレードは何処へ向かってゆくのだろうか…
那遊行的的隊伍究竟會前往何方呢…



隨感:
吹着笛子的假面男子和坐在他肩膀上的女儿,一起向夕阳没入地平綫的方向行進。被那悠揚的笛声吸引,五位罪孽深重的少女也加入了進来……没有人知道這個奇怪的隊伍究竟将去往何処。

起先很奇怪吹笛伴奏的為什麽不是Revoさん而是个擦青藍色眼影的粉嫩男……不過在漆的舞台上在一道追光下吹着笛子的他實在太搶鏡太有形了~~~(爆)
接着——Jimangさん隆重出場~雖然圍着个破爛的斗篷讓人想違心夸他瀟灑都辦不到……(可怜哪,經費全花在舞台布景上了結果害得他連買件像樣衣服都没預算)
當他樂顛顛的跑下觀众席吹泡泡、還一連串的狂念“残念だったね”時……我腦海中冒出的則是這樣一个念头:“Jimangさん其實是来搞笑的吧?!哈哈~~

スポンサーサイト

テーマ:Sound Horizon - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 天使の領域, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。